所有権方式

「所有権方式」という資産価値。

売却 相続 賃貸デュオセーヌは、「所有権方式」の分譲マンションです。
だから、“相続”も“売却”も可能です。
さらに”賃貸”として人に貸すこともできます。
終身利用権のみで資産にならない
有料老人ホームや介護施設ではない、
資産としてのお住まいをお届けいたします。

デュオセーヌ(中高齢者専用分譲マンション)と、有料老人ホームとの違い

デュオセーヌ
(中高齢者専用分譲マンション)
万人に対して「所有する権利」を持つ
権利形態:所有権
・3つの権利を持つ
 1.使用=住む
 2.収益=賃貸に出せる
 3.処分=売却
・資産として相続の対象となる
・固定資産税・都市計画税等がかかる
運営主体
管理組合
リフォーム
可能※1
自宅なため比較的自由に行える。
生活制限
特に無し
飲食、門限等にも特に定め無し。
※1管理規約の定めによる。 有料老人ホーム
事業主に対して「利用する権利」を持つ
権利形態:利用権
・一代(本人のみ)の権利
・売却や賃貸を行えない
・相続の対象とならない※2
・固定資産税・都市計画税等がかからない
運営主体
事業主
リフォーム
制限有り※3
利用権なため、退去時に現状復旧する必要がある。
生活制限
有り
飲食、喫煙、門限等に制限がある。
※2 入居一時金の返還金については相続財産の対象となります。
※3 内容、施工業者を選べない事が多い。
※有料老人ホームの諸条件は各施設でご確認ください。
ページの先頭へ

欲しかった暮らしを、しよう。株式会社フージャース ホールディングス

フージャースのこころ踊る、住まい【物件総合サイト】